生え際に効く育毛剤!【育毛Gメン】が本当に効く育毛剤を突撃調査!

生え際が生えにくい理由を知り、効果がある育毛剤を分析

男性の薄毛で最も多くの人が悩んでいるのが、生え際がM字状にハゲてしまったり、前髪が後退してオデコが広くなってしまう脱毛症状です。

 

管理人「育毛Gメン」も、生え際の両サイドが剃り込み入れたように抜けていき、典型的なM字ハゲになったのをきっかけとして真剣に育毛を始めました。生え際は目立つし、薄くなってるだけで老けて見られるので毎日が気が気じゃない。しかも20代後半という若さで薄毛が進行し、衝撃を覚えました。

 

しかしいざ育毛剤を使っても、シャンプーを見直しても、思うように改善できないのが生え際の厄介なところ。生え際が薄毛になる原因を把握し、必要な成分を使った育毛剤を使っていかなければ元に戻すのは難しい部位なのです。

 

M字ハゲになってしまう根本の原因から、どのような育毛剤が生え際に効果的なのかを、実経験や薄毛治療専門医に聞いたことなどを踏まえてまとめています。生え際の育毛剤選びで失敗せず、最短で髪を取り戻すために参考いただけましたら幸いです。

 

生え際が他の部位よりも改善しにくい理由

 

まずは育毛剤を・・・という前に、なぜ生え際がM字状に後退してしまうのか?M字ハゲに至る原因を知ることで、本当に生え際に効果的な育毛剤が見えてきます。

 

生え際は男性に特有の薄毛症状とされているうえに、生え際はいったん髪の毛が抜け出してしまうと、他の頭皮の部位よりもハゲるスピードが速く改善するのが難しいとされています。その理由はなぜでしょうか?

 

生え際がM字はげになる4つの原因

 

抜け毛の原因である男性ホルモンの影響を受けやすい

男性の薄毛の9割はAGA(男性型脱毛症)による抜け毛により薄毛になるとされています。

 

漢らしい体を作る男性ホルモン「テストステロン」が、毛根の細胞内にある「5αリダクターゼという酵素」と結びつき、ジヒドロテストステロン(以下DHT)という細胞を破壊してしまう悪性ホルモンに変質するのがAGAの主な仕組み。

 

生え際周辺は、この酵素が特に多い部位であり、DHTの影響を受けやすいのです。わざわざM字など特徴的にハゲるのは、その部位がDHTの影響を受けやすい場所であるということ。

 

このDHTによって進行する薄毛は、20代、30代という比較的若いうちから薄毛になるのが特徴。若くして生え際が後退しておでこが広くなってきた場合は、まずはこのAGAの症状を疑います

 

薬局やネットで安く売られている育毛剤・ヘアトニックは、ほとんどが頭皮環境の改善効果にとどまり、DHTを抑制できる成分が含まれていません。AGAでなければ経済的ですが、成分自体は価格相応という評価です。

 

AGAの薄毛は非常に進行が速いため、早期の対策をしないとどんどんハゲが進行してしまうのです。

毛細血管の数・量が少ない

実は生え際は髪の毛に栄養を送るための血管が少なく、育毛剤の成分が細胞に作用し難いことが分かっています。

 

髪の毛は血液によって、生成に必要なタンパク質、ビタミン、ミネラルといった栄養素を運んでもらっていますので、その他の部位と比べても生え際は十分に栄養が行き届きにくい特性があります。

生え際は皮脂の分泌が多い

おでこは汗や皮脂分泌が活発な場所。シャンプー後であっても肌のバリアに阻まれて、育毛剤が浸透しにくいのです。

 

さらに先ほどのAGAの原因であるDHTは、皮脂腺も刺激することで生え際周辺の皮脂分泌を活発師にしてしまう特性を持ちます。ハゲてる人のオデコがやたらとテカって脂ギッシュなのは、DHTの影響を受けているもの。

 

皮脂が多いと育毛剤の浸透が難しいばかりか、脂漏性脱毛症といって毛穴に固まった皮脂が炎症をおこして、生え際のニキビやフケを発症して髪の毛の成長を阻害することもあります。

おでこと隣接しており頭皮が硬くなりやすい

頭皮が硬くなってしまうと血行が悪くなり、髪が成長しません。おでこはつっぱりやすく、頭皮を引っ張って硬くしてしまいます。生え際は一番影響を受ける部分です。

 

試しに後頭部や、耳の後ろ首の辺りを触ってみてください。皮膚はおでこよりも柔らかく柔軟性に富んでいることが分かると思います。育毛には頭皮のマッサージが重要とされますが、生え際周辺は特に皮膚を柔軟にすることを意識していく必要があるのです。

 

生え際の育毛はこれら複数のハゲる原因を考慮して薄毛治療をやっていかなければ、十分な効果は出にくいのです。生え際だけに特化して効くという育毛剤はありませんので、生え際周辺の特性を理解した成分を含み、成分がしっかり届く育毛剤を選ぶ必要があるということです。

 

では育毛剤!という前に生え際の薄毛進行度を確認!

 

薄毛ならば何でもまずは育毛剤!というイメージを持つ人は多いですが、育毛剤だけでは治療が難しく、専門医に相談をしなければ生やすのは難しいという状態の人もいます。

 

生え際といっても薄毛の状態は人によって千差万別。それぞれどの程度までハゲ上がってるかは異なります。市販の育毛剤で改善可能なケースと、病院での治療が推奨されるケースをあらかじめ見きわめることで、「使ったけど全然効果なかった!」という悲しい事態を避けることができます。

 

市販の医薬部外品育毛剤でも対処可能な生え際の状況

改善可能

 

まずは自分の生え際を鏡で見てください。目を背けたくない現実が写っていると思いますが、ここで生え際がどのあたりまで後退しているか?また髪全体の薄毛はどの程度進行しているかをチェックします。

 

上記の写真ではかなり進行している様子が見られますが、これくらいなら十分に薄毛の治療は可能。

 

実際に管理人自身が育毛剤を使った結果、半年と時間はかかりましたがここまで改善することができました。

 

生え際育毛経過

 

正直諦めかけていたくらいですが、自宅に居ながら育毛剤だけで生えるのであれば最近の育毛剤は本当に進歩しているのであると感じます。

 

育毛剤が効くか効かないかの目安は、大きく耳の後ろまで後退していないか、まだ髪の毛自体は生えており細い薄毛になっている段階かで判断します。

 

これ以前の「抜け毛が増えてきた」とか、「少し生え際が剃り込み入ったようになった」という場合の薄毛予防ケアであれば、育毛剤で行っていくのが安全かつ費用も安く済みます。

 

すでに大きく耳の後ろ辺りまで生え際が後退し、オデコが光を反射せんばかりに広がってしまっていると自覚ある人はこちらをご覧ください。

 

生え際に効果的な育毛剤の4つの基準を満たすもの

生え際に使う育毛剤に絶対求められる要素とは以下の通り。

 

DHTの生成を抑制する成分が入った育毛剤

生え際の育毛では、AGAに対応できる育毛剤であることが求められます。悪性男性ホルモンであるDHTの発生を食い止めるため、原因となる5αリダクターゼ酵素の活性を抑制する成分が入っているかどうかが重要。

浸透力を高める工夫のある育毛剤

生え際の毛穴の奥に成分を浸透させるため、浸透力を高める技術が使われているものがベスト!代表的なものに、ナノ技術は各成分を低分子化して頭皮の皮脂バリアを突破、細胞の奥まで浸透できる技術があります。

皮脂を抑え、髪が育つ頭皮を整える成分

皮脂分泌の多さは、毛穴を詰まらせ雑菌の繁殖や炎症を招きます。皮脂の分泌をコントロールするビタミンや、頭皮の保湿力を高めて炎症を抑える成分が配合されているものを使います。

血行促進成分がしっかり入った育毛剤

皮膚が硬くなりやすく、血管が少ない生え際でもしっかりと血行促進できるよう、優れた血行促進成分が含まれている必要があります。

 

この4点をクリアした育毛剤をピックアップし、髪質・使用感・頭皮の状態に合った最適な育毛剤をレビュー形式で提案していきます。

 

4つの条件を満たし、管理人「育毛Gメン」が厳選した生え際に効果のある育毛剤3つ!目的別におススメの育毛剤をまとめました。

 

総合力で1位チャップアップ【本格的に薄毛ケアしたい人】
チャップアップ

・DHT抑制に効果的で副作用の無い成分を4種配合
・分子ナノ水で毛穴の奥に成分を届きやすくしている
・47種類という成分で保湿力も高く、皮脂が過剰に出にくい皮膚を作る
・有効成分に血行促進成分を配合
・刺激物・添加剤無添加で、30日の返金保証も付いている

 

4種類のDHT抑制成分を含み、47種もの成分を組み合わせて髪の毛の成長と、成長しやすい頭皮を作ってくれる。長く売れ続けているだけの根拠を持った育毛剤。

 

2015年にリニューアルし直接噴射できるスプレーで生え際周辺にも塗りやすくなったのが特徴で、口コミ評価も高く最も売れているのがチャップアップ。定期コースでは育毛サプリも付いてくる。まずは育毛剤を手にするならば買ってよかったと思える。返金保証と専用コールセンターを持つ迅速サポート体勢も魅力。

チャップアップの詳細はこちら

価格 容量 評価
¥9,090円(サプリとセット) 120ml(1.5か月分) 育毛Gメンが実際に使い続けた育毛剤で、半年間で薄毛を克服しました。

MONOVOヘアトニックジェル【将来への予防対策向け】
MONOVO

・DHT抑制成分は1種類配合
・ジェルタイプ彩用で浸透力を高めている
・頭皮に塗りやすく生え際に使いやすい
・まだ初期段階の薄毛予防対策向き
・無添加でアルコールも最低限に抑えた安全性

 

ジェルタイプという変わった育毛剤ですが、頭皮の皮脂と親和性が高い濃グリセリンを配合しており、皮脂になじみながら成分を浸透できます。ジェルなので生え際に限って使うならもっとも使いやすい。一方で成分は少なめであるため、本格的な薄毛よりも、抜け毛防止・予防目的で将来にむけてケアしていきたい人向き。

MONOVOヘアトニックジェルの詳細

価格 容量 評価
¥6,800円 100ml ジェルですがベタつきもなく、臭いもないので安心して使えます。

ナノインパクト100「生え際集中育毛派」
  • DHT抑制成分を3種類配合
  • ナノ技術に特化し、細胞の奥で効果が持続するナノカプセル配合
  • 有効成分に女性ホルモン成分配合
  • 容量は少ないが浸透力は期待できる
  • 生え際だけを集中対策したい人向き

 

ナノテクノロジーを採用した育毛剤で、低分子技術の効果を高めた浸透力に期待できる育毛剤。抗男性ホルモン成分を有効成分に含み、AGA対策もぬかりない。

 

使い勝手などは優れているのだが、爽快感が非常に強く使う人を好む育毛剤。容量が少ないが低分子技術は最も優れるため、生え際だけが気になる人の集中育毛剤としておすすめ。

ナノインパクト100の詳細はこちら

価格 容量 評価

¥3,780円
2回目以降¥7,560円

60ml 生え際,育毛剤,生え際に効く育毛剤

リアップX5プラス

リアップ

医薬品としてミノキシジルを配合していますが、抗男性ホルモン成分ではないため、生え際の改善を望むならば別の育毛剤も併用していく必要があります。

≫詳細ページ

濃密育毛剤ブブカ

bubka

無添加かつDHT抑制成分も3種含み、サプリもつくなど充実していますが、ノズル形式のため生え際に塗りにくく、垂れやすいので使い勝手に難あり。

≫詳細ページ

育毛剤を使うにしても、有名だから、効きそうな育毛剤だからと、なんとなく塗っているだけでは駄目なのです。原因を知り、一つ一つ潰していくことを考えることで、間違いのない育毛剤選びができるということです。やみくもに評判だけを見て育毛剤を使うのではなく、生え際周辺の薄毛を克服できるかという成分と特徴を備えた育毛剤を使わなければ効果は期待できません。

 

育毛シャンプーは生え際の育毛でも使わないとダメ?

 

生え際の育毛に限らず、抜け毛が増えたらシャンプーを見直しましょう!という声はあちこちで目にします。

 

しかしシャンプーの目的は、汚れた頭皮を洗い、健康な頭皮環境を整えるもの。シャンプーの成分がしみ込んで効果を発揮したり、直接抜け毛防止・育毛に効果を発揮するものではありません。

 

今使っているシャンプーでかゆみが出たり、刺激が強くてしみる・・・というような場合はシャンプーの見直しをした方がいいですが、薄毛治療の専門医に聞いてもシャンプーは普通に使っていれば全く問題はないというのが現在の主流の考えです。高価な育毛シャンプーの謳い文句に惑わされないように!シャンプーだけでM字ハゲは克服できません。

 

もう手遅れ??病院治療を受けた方がいいM字ハゲ

 

いかに多くの人が生え際を克服し、発毛を実感したという育毛剤であったとしても、一般に買える育毛剤の効果には限度があります。

 

育毛剤は髪の毛の成長の補助をするものです。成長因子などで細胞を活性化したり、抜け毛の原因となる悪性ホルモンを取り除いたり、血行を促進して栄養を届けるという作用であり、医薬品ではないため副作用が無い代わりに効果は大きくはありません。

 

もし細胞そのものが大きくダメージを受けて死んでしまっていたり、育毛剤では追い付かないほどホルモンの影響を受けている場合には、市販の育毛剤ではM字ハゲの進行を食い止めることができず、後退は進行していくばかり。育毛剤を使っても、効果がなかった・・・という悲しい結果になる可能性があります。

 

目安としては、以下の写真のように大きく地肌が見えている場合や、ほぼハゲ上がってしまっているような場合

 

手遅れ

 

ここまで進行しているケースでは、安易に市販育毛剤に手を出すことはせず、薄毛治療の専門医に相談をして最適な治療法を仰ぐべきです。

 

いわゆるAGAクリニックで治療を受けるということになるのですが、最も確実な薄毛治療であり、費用も1万円から3万円と価格は下がってきています。

 

もちろんメリットだけではなくデメリットもあるため、AGAクリニックで生え際を発毛治療する時の注意点まとめもご覧いただいてから、治療を受けるようにしてください。

 

育毛Gメンも、そもそもは病院にて生え際が後退していく原因を検査してもらい、自分にはどんな育毛法が必要なのかを調べてもらった経緯があります。自分の薄毛の原因を知り、対策を知ることが時間もお金も無駄にしないフサフサへの近道です。

 

まだここまでハゲは進行していないから育毛剤でいいやと思っている人も、可能な限り初めはAGAクリニックにて診断を受けてほしいです。初診を受けるだけでも、将来ハゲるかハゲないかは判断できます。経済的に髪のトラブルと向き合っていくためにも、医師に相談することをおすすめします。