生え際が乾燥していると生え際から後退していく?生え際後退と頭皮乾燥の関係性について

生え際が乾燥していると、カサカサ粉を吹いてかゆくなるし、かゆいから言ってかくと抜け毛が増えてしますう。放っておいたら、どんどん生え際が後退をしていきハゲるのではないかと不安になったりますよね。

 

この症状、ただの肌荒れの場合もありますが、乾燥肌は生え際から後退していく前兆の可能性もあるのです。身体の異常は危険信号の現れかもしれませんので、放置せずに対策を考えていくべきなのです。

 

では、どういった時が生え際後退の前兆なのか解説していきます。

 

生え際が乾燥する原因と問題点

肌

 

人間の皮膚は皮脂膜、天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質の3つの物質がバリアを作っており、紫外線や外部刺激から肌を守り、体体内から水分が簡単に蒸発しないようになっています。

 

乾燥肌はこの3つのどれかが異常を起こした時に現れる現象です。

 

  1. 皮脂膜になる皮脂の分泌量の低下
  2. NMF(天然保湿因子)の低下
  3. 角質細胞間脂質の減少

 

皮脂膜になる皮脂の分泌量の低下

お肌は脂があるから乾燥せずにいられるのはご存知だと思います。通常、皮脂は皮脂腺から1日に1~2g分泌されますが、環境や年齢など何らかの要因でこれが減少すると乾燥肌になります。

 

年齢だと、男性は30代、女性は20代をピークに徐々に減少していく傾向があります。血行不良や代謝の低下が原因で起こる場合もあります。

 

NMF(天然保湿因子)の低下

NMFは水分を保持するために肌の内部にあるもので、このNMFがあるため肌の水分量は一定に保たれています。加齢、日焼け、ストレス、睡眠不足などが原因と言われています。
細胞間脂質とNMF成分について

 

角質細胞間脂質の減少

角質細胞間脂質は名前通り、皮膚の中にある角質細胞の間を埋めるように存在している脂質ですこの角質細胞間脂質は他の脂質と一緒に立体構造になることにより保水し、肌を守っています。

 

アトピー性皮膚炎の人はこの角質細胞間脂質のほとんどを占めるセラミドの量が3分の1程度しかないということがわかっています。

 

生え際が乾燥してカサカサになっている場合には、これらの3つの要素が絡み合って乾燥肌になっているケースが多いです。

 

乾燥した肌はバリア機能が低下して、できものができたりシャンプーなどの刺激で赤くはれやすくなります。

 

粃糠性脱毛へと繋がる危険な乾燥肌の兆候

乾燥した生え際頭皮

 

乾燥肌による皮膚炎を発症していた場合、粃糠性脱毛(ひこうせいだつもう)という症状で、生え際から後退していくこともあります。

 

粃糠性とは、乾燥して細かなフケが大量に出ることで、毛穴を詰まらせて髪の毛の成長を阻害してしまう症状。これはたんに代謝が活発でフケがたくさん出る、フケ症と勘違いされることが多く、大丈夫だろうと放置されやすいです。

 

粃糠性脱毛の症状としては、

 

  • 小さく細かなフケが季節問わず大量に落ちる
  • 頭皮にできものができやすく、カサブタができている

こうした状態が続くのであれば、粃糠性脱毛を疑い、早めに医療機関を受診して頭皮の状態をチェックしてもらうべきです。

 

フケが毛穴をふさぐ

細かなフケが大量に剥がれ落ちることで毛穴を詰まらせ、皮脂を吸い込んで固まってしまうのです。こうなると細菌やカビの繁殖も招く結果、毛穴が赤く炎症して髪の毛がやせ細っていきます。

 

生活を見直したり、シャンプーを無添加のものに変えたり・・・と安易な情報に飛びつくのはおススメしません。皮膚の状態は人によって異なりますから、原因となっているものは判断しにくく、頭皮を専門医見ている皮膚科か、薄毛治療を専門としている医院にてまずは乾燥した頭皮をどう直していくかをアドバイス受けるべきです。

 

皮膚炎の症状が進行しすぎてしまっていると、シャンプーの改善などでは手遅れの場合もありますので、ヤバイと感じたら病院に行って見てもらったほうが良いでしょう。

 

まとめ

まずはどのような症状で生え際が乾燥してるのか確認をしてみて、長い間乾燥した状態が続いて、細かなフケや痒みが止まらない場合は医療機関を受診すること。

 

乾燥性皮膚炎だけではなく、生活習慣の乱れは生え際が後退する大きな原因になっているので早期の対応が肝心です。髪というのは毛根が死んでしまってからでは再生できないので、気になりだした時が育毛を始める1番のタイミングなのです。

 

生え際育毛で時間とお金を無駄にしないために

生え際のM字を食い止めるために必要な育毛剤の選び方


育毛剤が効かなかった!と次の育毛剤に手を出す前にすべきこと


20代前半からの若ハゲによる生え際のM字ハゲは、ほぼAGAによる症状です。AGAは進行が早く、あっという間にオデコが広がってしまいます。手遅れになって20代、30代を後悔しないために早めに行動することをおすすめします

治療実績が最も多く、副作用など万が一の保証がしっかりしてるクリニックで診断を受け、薄毛の原因と取るべき対策をまずは知ることから始めましょう。

薄毛治療専門医のネットワーク「ヘアメディカル」の相談ページ


正しく治療を行えば、生え際の薄毛は治療できます。(管理人育毛Gメンの記録)

生え際育毛経過


pickup ; 【東京限定】全額返金保証で発毛治療を受けられるAGAクリニックがあります
page top