気のせい?薄毛で前髪が伸びない気がする理由

前髪が伸びにくくなったら薄毛のサイン?

前髪が産毛のようになってしまってなかなか伸びないと感じたことはありませんか。

 

それは毛が生えにくくなってしまって前髪が後退し始めているのかもしれません。それは薄毛の第一歩と言う可能性があります。もし自分で異変に気づいたら少しでも早めに対応することが大事です。

 

前髪が成長してくれない、全然伸びないという悩みを持っている人はまずその原因を探してみましょう。産毛のようになっている人は要注意です。薄毛の原因は様々です。

 

しかし、原因がわからないからといって放っておくことは更なる進行につながり、良くありません。それらをしっかりと知って、自分の薄毛の原因を改善していくことから始めてみましょう。

 

前髪が伸びてくれない原因と理由は?

 

前髪のボリュームが少ないと感じている人は、産毛のように柔らかくフワフワな毛になっていないでしょうか。その場合は毛穴が詰まって、毛が育ちにくい環境になってしまっている恐れがあります。

 

薄毛の原因の一つに毛穴の詰まりがあります。毛穴が詰まった状態が長期間にわたって続くと、髪の毛を作る細胞がダメージを受けて成長しにくくなり、産毛しか生えてこないという状態になってしまいます。毛穴の詰まりの原因は皮脂です。そして皮脂を大量に分泌することでこの詰まりは引き起こされています。

 

髪の成長を妨げる要素として2つ目が、男性ホルモンが変質してできるジヒドロテストステロン(DHT)というもの。脱毛男性ホルモンというもので、男性型脱毛症(AGA)でよく見られます。これは髪の毛の細胞に直接ダメージを与える脱毛因子であると医学的に判明しており、更に異常な皮脂分泌すらも引き起こします。

 

主にこの2つを対策していくことが、髪の成長と薄毛・抜け毛防止に必要ということ。

 

前髪が伸びない原因への対策はどうすればいい?

 

髪がやせ細り、成長しなくなって産毛のようになった髪の毛。この産毛を丈夫で太い毛にするという方法で、元の発毛状態を蘇らせるようにすることが可能と言われています。

 

まずすべきは毛穴のつまりの解消。解消すれば綺麗になった毛穴に栄養がきちんと行き、毛髪も正しく成長することが期待できるでしょう。この対策は自宅でもできる上頭皮を清潔にすること、それだけです。できるだけ頭皮に優しいシャンプーを使い、余分な皮脂だけを落とします。そうすれば抜けにくい丈夫な前髪が生える効果も期待できます。

 

男性ホルモンの影響に対しては、ジヒドロテストステロン(DHT)の影響を抑える成分を含んだ育毛剤を使っていく必要があります。代表的なものは医薬品のプロペシアが上げられるのですが、副作用の懸念も有り必ず専門のクリニックを受診すべきでしょう。よく通販で海外から薬買う人がいますが、私は怖くてできない上に病院処方の方が価格も安いです。

 

育毛Gメンもそうだったように、時間がなかったり近くに病院がなくて通えない場合は「自宅で育毛」することもできます。DHT抑制成分を含む市販の育毛剤だけでも改善することは可能ですから、まずは気になったその日から、できることを始めてみてはいかがでしょうか。

生え際育毛で時間とお金を無駄にしないために

生え際のM字を食い止めるために必要な育毛剤の選び方


育毛剤が効かなかった!と次の育毛剤に手を出す前にすべきこと


20代前半からの若ハゲによる生え際のM字ハゲは、ほぼAGAによる症状です。AGAは進行が早く、あっという間にオデコが広がってしまいます。手遅れになって20代、30代を後悔しないために早めに行動することをおすすめします

治療実績が最も多く、副作用など万が一の保証がしっかりしてるクリニックで診断を受け、薄毛の原因と取るべき対策をまずは知ることから始めましょう。

薄毛治療専門医のネットワーク「ヘアメディカル」の相談ページ


正しく治療を行えば、生え際の薄毛は治療できます。(管理人育毛Gメンの記録)

生え際育毛経過


pickup ; 【東京限定】全額返金保証で発毛治療を受けられるAGAクリニックがあります
page top