生え際周辺に生えてきた産毛を太くするためには?育毛剤で太くなる?

生え際の産毛は育毛剤で太くできるのか?

産毛が生えてきた?

 

M字ハゲを改善しようとして育毛剤を使ったりすると、まずは生え際に産毛がうっすらと生えてきた!という効果を実感する人が多いです。

 

生え際周辺には特に産毛が分かりやすい場所でもありますが、「この産毛が太く濃くなってくれればな」と思う人は多いです。産毛を濃く太くするにはどのような育毛を続けていけば良いのか?育毛剤を使い続けることでさらに太くなるのかを検証していきます。

 

生え際の産毛の正体

生え際の周辺に生えてきている産毛は、もともとはしっかりとした髪の毛であったもの。一見髪がなくなったように見える頭皮でも、その下では髪を作る細胞が眠っている状態で残っています。育毛剤などで細胞の活動を阻害する要因が取り除かれることで、それまでダメージを受けて休眠していた毛乳頭細胞が分裂を開始し、新しく生えてくるとまずは産毛として細い髪の毛が出てきます。

 

髪の毛は毛乳頭から指令を受けて「毛母細胞」というものによって生成されていきますから、この毛母細胞がしっかりと栄養を受けて分裂を繰り返すことで濃い髪の毛が作られていくのです。

 

育毛剤を使い始めて間もない時期は、まだまだ細胞も弱っており栄養素も十分とはいえませんから細かな産毛ですが、そこから徐々に髪の細胞の「ヘアサイクル」を経ていくことで太い髪の毛に成長していく初期の段階といえます。

 

ですからここからあきらめずに生え際の産毛を育毛していくことで、徐々に太く丈夫な髪の毛に生え変わっていくことは期待できるものとみてよいのです。

 

生え際の産毛は早期に対策する必要性あり

 

産毛を育てることの注意ですが、生え際は早期の対策が求められる部位です。

 

生え際から薄くなるいわゆるm字はげは、初期の状態なら細胞も生きており、髪の毛を再び生成することができますが、はげてきた状態を長年放置してしまうと毛根が死んでしまい、髪の毛は二度と生えてこなくなるので早期の対応が大切になってきます。

 

死んだ細胞を復活させるのは無理

一向に髪の毛が生えてこないという部位は、既に細胞が死んでしまっている可能性もあるので注意。私育毛Gメンは、以前事故で傷を負った部分は何やっても髪が生えてきません。これは細胞が死んでしまっているためで、同じように細胞が内部から男性ホルモンなどのダメージを受け続けても、死んでしまうことが実際にあるのです。

 

生え際の産毛に栄養素を送る

生え際の産毛を太くするために必要な要素は2つ。

 

男性ホルモンによる薄毛原因物質DHTを取り除く

m字はげを改善するには、分泌されている男性ホルモンと細胞内の酵素が結びついてできるDHTという物質の生成を止めること。m字はげの原因はいろいろありますが、一番多いのがAGA(男性型脱毛症)の主原因であるDHTの影響で細胞がダメージを受け薄くなる原因がほとんどです。このDHTが通常よりも多く生成されると毛乳頭の活動が弱まり、抜け毛を促進することが分かっています。

 

このためまずはDHTの発生を抑制できる育毛剤成分を含んだものを使っていき、細胞がダメージを受けるのを防ぐことが求められます。

 

髪の生成に必要な栄養素をしっかり取る

生え際の産毛を太くするには、それに見合った栄養が不可欠です。筋トレするときにプロテインをしっかりとのむように、産毛を育てるときもしっかりと栄養は取ること。

 

髪の原料となるのは、タンパク質を構成する「アミノ酸」をしっかり取ること。育毛剤によって浸透させることもできますが、食べ物などで体内から取り入れるものが最も効果的。育毛剤を塗るだけではなく、外と中からのアプローチが不可欠と考えましょう。

 

この2つの要素をあわせた育毛剤を使っていくことで、生え際の産毛をより太く成長させることができるようになってきます。

 

生え際の産毛を太らせるための育毛剤選び

産毛を太くするためにどのような育毛剤を使っていくのが良いか?私が考える2つの選択を上げてみます。

 

もっとも確実なのがAGAクリニックを受診すること

AGA治療に最も効果があるプロペシア処方をはじめ、治療院独自に育毛剤を開発していたりします。クリニックというと高いイメージがあるのですが、最も安いところで育毛剤の処方で¥4,200円からできます。ネットで育毛剤かって使うにしろ、月に¥5000円から1万円はかかるわけです。いまやコストで考えてもクリニックでの治療が最も安心感があり、いざというときの保証もしっかりしているので間違いない選択です。

 

※プロペシアなどを個人輸入で買うのはおすすめしません。同じくらいの費用がかかる上に、万が一の保証がない!大事な頭皮や体に何かあったときのこと考えたら怖くて手が出ません。

 

費用が安く安心できる全国展開のAGAクリニック

 

もう一つは一般に買える通販の育毛剤を使う方法

こちらは自宅で育毛をしていきたいという、忙しくて休みが不定期だったり、クリニックが近くに無い、どうしても病院は抵抗があるという人向き。医薬品よりも効果は薄くなりますが、育毛メンも実証したように十分に育毛可能です。ここでの選ぶポイントは、DHT抑制の成分のほかにサプリメントがセットで体内からも栄養素を摂取できるタイプの育毛剤。体の外と中から栄養を補給し効果を高めるものを使うことで、効果的な育毛が可能になります。

 

育毛Gメンが生え際改善できた育毛剤レビューはこちら

 

育毛Gメンのまとめ

 

これ以外にも、ストレスや喫煙なども薄毛の原因と考えられているので、生活習慣を見直すことも大切です。対策としては、禁煙やストレスを解消することはもちろんのこと、食事で改善するには、大豆イソフラボンを多く含む、納豆や豆腐、豆乳などの豆類を摂取すると良いでしょう。大豆イソフラボンには、男性ホルモンの分泌を抑える働きがあるので、効果的です。

 

また毛乳頭細胞の活動を促進する「成長ホルモン」は夜に多く分泌されるため、早めに寝ることもよいでしょう。皮脂の過剰な分泌も薄毛の原因となるので、脂っこい食事を控えることも大切です。それにプラスして育毛剤を使用するとより効果的ですから、試してみてはいかがでしょうか。

 

m字はげの兆候が見られたら、早期に対処することが大切です。産毛が残っていればまだ望みはあります。育毛剤を使用したり、サプリメントを服用するなどをすれば、産毛を濃くすることができますよ。

 

生え際育毛で時間とお金を無駄にしないために

生え際のM字を食い止めるために必要な育毛剤の選び方


育毛剤が効かなかった!と次の育毛剤に手を出す前にすべきこと


20代前半からの若ハゲによる生え際のM字ハゲは、ほぼAGAによる症状です。AGAは進行が早く、あっという間にオデコが広がってしまいます。手遅れになって20代、30代を後悔しないために早めに行動することをおすすめします

治療実績が最も多く、副作用など万が一の保証がしっかりしてるクリニックで診断を受け、薄毛の原因と取るべき対策をまずは知ることから始めましょう。

薄毛治療専門医のネットワーク「ヘアメディカル」の相談ページ


正しく治療を行えば、生え際の薄毛は治療できます。(管理人育毛Gメンの記録)

生え際育毛経過


pickup ; 【東京限定】全額返金保証で発毛治療を受けられるAGAクリニックがあります
page top